バイクの免許を取り運転の楽しさに気付く|16歳以上から免許を取得

申し込む時に必要な物

バイク

取得までの流れと条件

バイクの免許の取得を申し込むには取得する免許の種類毎に、一定の年齢に達している他、いくつかの条件を満たしている必要があります。大型二輪車の取得には満18歳以上でなければいけません。そして普通二輪車の場合には満16歳以上の必要があります。視力は両眼で0.7以上そして、片眼でそれぞれ0.3以上必要です。この時、眼鏡やコンタクトを着用して上記の視力以上見えるのであれば問題ありません。次に色彩識別能力も必要になります。この能力は「赤色」と「黄色」そして「青色」と言った信号機の色を正常に判別する為に必要になります。「運動能力」は四肢や体幹の障害がない事を証明する為の物です。程度によっては取得する事も可能になります。申し込み時に必要な物は、住民票と印鑑、学生方は学生証もあると安心です。そして申し込みに必要な料金を用意します。もし一括で支払うのが困難な場合には分割払いにも対応しています。合宿を希望する場合にはネットなどで申し込む事も可能です。バイクの免許の申し込み手続きが一通り終わると次は実技の予約を入れます。この時、バイクの免許取得までのスケジュールを一括で組んでもらいます。取得するには実技の他にも学科を規定時間、受けなければいけません。全ての学科と実技が終了すると卒業試験として実技と筆記のテストを受け合格することでバイクの免許を取得する事ができます。合宿の場合には卒業試験など、その場で受ける事ができない場合もあるので注意が必要です。